ワイルド研室長の「自己紹介・おすすめ記事紹介」

(CMです)理系同士のゆるいつながりを生むコミュニティ 「理系とーくラボ」

自己紹介

理系とーくのライターになりました、ワイルド研室長です。

普段は、本名の布施雄士(ふせゆうじ)名義で、メディカルライターや翻訳の仕事をしています。

メディカルライターというのは、最新の医学的知識を一般の人にわかりやすく紹介したり、企業の研究成果を論文や学会で発表するためのサポートをしたりする仕事です。

そのため、英語の学術論文や書籍と日々格闘しています。

最近仕事用のホームページも作りましたので、どんな仕事をしているのか興味のある方は、ぜひのぞいてみてください(リンク:灯バイオロジーオフィス)。

専門は、分子生物学や動物生理学で、学部では獣医学、大学院では基礎医学系の研究をしていました。動物が大好きで、学部時代にはアザラシの学術論文も書いています。

「ワイルド研」ってどういう意味だろう? と思われた方もいると思いますが、これは個人でやっている研究室(実はただのブログ)のことです。そこの室長を自ら名乗っています。動物探しの旅(要は旅行記ですが)や、動物に関する最新の研究紹介などをやっていますので、ぜひのぞいて見てください(リンク:ワイルド研)。

また、twitterでは、自分で撮影した動物写真など、ほぼ毎日ツイートしていますので、興味のある方はぜひフォローお願いします(リンク:@wildlabjp)。

 

(CMです)
理系とーくラボ

おすすめ記事まとめ

理系とーくでの記事はこれから書かせていただくことになりますが、まずは自分の本職である「書くこと」について、何かおもしろいことを発信していければと思っています。

科学にしても何にしても、それを仕事にする以上、自分の発見やアイディア、情熱といったものを「言葉」で人に伝えなければなりません。

「理系」と聞くと、機械を組み立てたり、液体を混ぜたり、あるいは計算をしたり、といったイメージを持っている人が多いと思います。

でも、個人的な話ですが、大学院で博士号までとってみて感じたのは、「表現力」の大切さでした。

自分がこれまでの経験で得てきたことを、少しでも共有させてもらえればいいな、と思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
           

シェア!

参加しよう!理系とーくラボ

理系とーくラボの特徴と参加するメリット

●Slack(チャットツール)を使った理系のためのオンラインコミュニティ
全分野の理系研究者が集まっている
●理系仲間ができる!

理系なら、「理系とーくラボ」に入っているのがスタンダード。とりあえず覗いてみて、雰囲気を見に来てください!(参加無料)(本名は入力しなくてOK!)

>>>理系とーくラボの詳細はこちら<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。