博士号持ち理系とーくバー店長の「バーにかける思い」とは?

The following two tabs change content below.
理系とーく代表。名大工学部卒。Ph.D. 名大大学院博士課程卒。有機化学、天然物合成。趣味はブログとボルダリング。最近、バーみたいなコワーキングスペースを始めました。

今日は実店舗(バー)運営もしてるともよしが、バーにかける思いを話してみます。

 

(CMです)
理系とーくの公式LINEに登録すると…

無料イベント、理系バー、科学系オンラインコミュニティの情報に加えて、

LINE登録特典としてプレゼント(有機化学のスライド資料)もお受け取りが可能です!

ぜひ今のうちにお受け取りを!

友だち追加

店舗持ってます

知らない方も多いと思いますが、ぼく京都駅徒歩5分のとこにお店を持ってるんです。

 

今日はお店を持っちゃうくらい熱意を持ってる僕が、バーにかける思いを話します。

 

バー = 初めまして同士でも話しかけてOKっていう異空間

バーが好きな理由は、人と話せるからです。しかも知らない人と。

あの空間は、初めまして同士でも話しかけてOKっていう異空間なんですね。

 

ぼくが院生の頃は、名古屋の旅BARっていう、“世界一友達のできるバー“に通ったものです。

 

人と話すこと、それで助けられた

ぼくが院生時代にバーに行ってたのは、人と話したいときです。

 

どういうとき話したいかって言うと、

  • 研究が上手くいかない時
  • 今の生き方で合っているのだろうかと、ちょっと弱った時
  • 外の世界を見たい時

そういうときでした。弱った時。しんどいとき。元気を出したいときです。

 

周りが研究者ばかりの普通じゃない世界にいても井の中の蛙。

視野は狭くなり、結果が出ないのは自分のせい。

結果が出せないのは価値がない。

周りは頑張り自分は劣っている。

 

調子が悪いとどんどん沈んでいきがち。それが研究という世界です。

 

そんな時にバーに行くと、

「あ、研究だけが人生じゃねえ」

と当たり前のことに気付けたり、人に自分の生き方を話すうちに、

「そうそう、だから自分は研究をやっているんだ」

等々いろんなことに気付くことができました。

 

人と話すこと、それで助けられたんです。

 

ちなみにバーでなくてもいい

ちなみにですが、バーに行くと高確率で多様な人と話せるのでバーに行ってましたが、

人と話すのは必ずしもバーじゃなくてもいいです。

 

家族や古い友だちといった研究世界の外にいる人と話すことも効果的です。【所属外だから、色々話しやすい】

 

また、研究という世界を知っている人に話したほうがいい場合もあります。研究業界特有の事情を理解してくれますからね。

なので喋る場所として「研究室内で喋る」とかも価値があるんですね。【けど所属内だと言いにくいことがある】

 

所属外なのに、研究という世界を知っている

上で話した「所属外で話しやすい家族友達」と「研究業界の理解がある研究室内の人」の、2つのいいとこ取りをした、理系が集まるバーなんかあったら最高ですよね。

と思ってたら実際にあるんですよね。全国にいくつか、理系が集まるバーがある。

 

研究という世界を知っている、かつ自分の所属と関係ない人(所属内特有の話しにくいこと、がない人)がいる、って最強なんですね。

 

そこで、やっぱり僕も、理系が集まるバーをやりたいなと思って。それで始めたんです。京都駅徒歩5分のお店を。

理系とーくバー京都駅店です。

(ちなみにオープン日は、博士号を取った3日後 笑)

(学位取得終盤に店を契約するともよし)

(多分頭がオカシイんだと思います)

 

(CMです)
LINE登録特典ができました!

有機系博士ともよしがイベントで使用したスライド資料①②の2点です!

①「有機化合物の分離/精製 基礎から上級テクニックまで @ 異分野融合Bar」
②「有機化学Bar 〜有機分子の構造決定をしてみよう!〜」


友だち追加

そこに行けば、誰かと話せる、という空間

そこに行けば、誰かと話せる。

 

そんな空間があれば、僕みたいに研究で弱ったとき、ちょっと気分を変えたいときに行くアテができます。

そんな空間があれば、ちょっと嬉しいことがあったとき、いいアイデアが思いついて誰かに壁打ちしてもらいたいときに楽しく話せる場ができる。

 

だから全国に理系とーくバーを、展開していきたいです。

 

全国の理系たち、大学院生たち、大学生たちが集まれる、

「そこに行けば、誰かと話せる。」

そういう場を作りたい。理系とーくバーをそういう場にしたいのです。

 

辛い研究者を救いたい。(研究者に限らず)人生をより良くして欲しい。そう思ってます。

 

弱ってる人に来て欲しいみたいな話をしましたが、もちろん今弱ってない、おしゃべりした人も来てください!

分野に関係なく研究者が集まりアイデアを交換しブラッシュアップさせてほしい。そうも思ってます。

いつでも理系トークができる場所。そこで異分野交流したりディスカッションしたりすることで、ご自身の人生をちょっぴりグレードアップさせる。そんな使い方をしてください!

ただただ理系よりのおしゃべりが好きな人も集まってほしい。

 

科学を、楽しみましょう。

つながり、作りましょう! 交流しましょう!

 

理系とーくバーで、待ってます。

 

まずはどんなイベントをやってるか?をご確認ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事に関して質問するなら?

科学系オンラインコミュニティ
「理系とーくラボ」!

「理系とーくラボ」とは?

●Slack(チャットツール)に、各分野の専門家が集まっています!
●この記事↑(or 科学・研究周辺について何でも!)について質問・相談したら、メンバーが答えてくれます!
Slackで毎日交流Zoom等で勉強会や交流会も行います!

LINE登録特典ができました!

有機系博士ともよしがイベントで使用したスライド資料①②の2点です!

①「有機化合物の分離/精製 基礎から上級テクニックまで @ 異分野融合Bar」
②「有機化学Bar 〜有機分子の構造決定をしてみよう!〜」

上記LINE登録特典に加え、「理系とーく」による無料イベント情報もLINEにて案内しております♪

科学が好きな人や、各分野の専門家とつながれるイベント
科学の質問・雑談ができるイベント
科学講座
●代表ともよし(博士号持ち)による学生無料Zoom相談
理系とーくバー

などの情報に興味があれば、下のQRコードか赤いボタンから、「理系とーくLINE」の友だちになってやってください。