【理系とーくラボ会員限定】定例イベント「みんなの基礎講座」を開催します!

The following two tabs change content below.

tsuyoshi

工学研究科修士卒の在野研究者です。大学院では"力"に着目した細胞の実験をしていました。最近数理にも興味を持ち始めました。理科教育やサイエンスコミュニケーションの活動も積極的にやっていきたいと思っています!!

こんにちは、理系とーくラボのtsuyoshiです。

 

理系とーくラボには様々な分野の方が在籍しています。

そんな理系とーくラボの方々の力を活かした企画、「みんなの基礎講座」が始動します!

「みんなの基礎講座(旧分野基礎講座)」は、理系とーくラボのみなさんが関わっている分野の内容をお話いただくことで、サイエンスや学術の視野をみんなで広げていこう!という企画です。

 

「みんなの基礎講座」では様々な分野の話を聞ける

「みんなの基礎講座」(旧分野基礎講座)では様々な分野の方からお話をしていただき、オンラインやチャット(Slack)上で自由に質問することができる!という企画です。

 

第1回では「分野基礎講座」としてGoroさん(@BioDr_Goro)に微生物についてお話いただきました(詳細はこちらから)。

このように、「みんなの基礎講座」では、それぞれが専門として扱っていたり、興味があって詳しい分野の内容について話をしてもらい、その内容を通して質問・ディスカッションをすることで多分野での交流を行うことを目的としています。

さらに「みんなの基礎講座」を通して様々な分野への理解を広げることで、視野を広げ、レベルアップできる場にもなっています。

 

この「みんなの基礎講座」は理系とーくラボ会員限定のコンテンツとなっておりますので、参加をご希望される方は理系とーくラボへの入会をお願いします!(入会の詳細はこちらから)

 

第2回は5/15(土)開催・テーマは『生物と力学~生物はいかにして<力の世界>を生きるのか~』

「みんなの基礎講座」の第2回は5/15(土)の20:00-21:00で開催します!

テーマは『生物は力学~生物はいかにして<力の世界>を生きるのか~』です。

概要はこちらになります!

私たち生物は生きながら,”うまいこと” 生命活動を調節し,環境に適応しています.この調節や適応は,運動の中で起こり,そこには<力>が必ず作用しています.そのため,<力>という視点は生物のメカニズムを理解するには不可欠です.

<力>には重力や大気圧のような外から加わる力,筋肉の収縮や血液の流れのような私たち生物の内部で作用している力があります.このような<力>を生物が感知し適応するメカニズムについて,力学的な観点から<力>の種類を分類しつつ,概観していこうと思います.

今回の講座が終わった後には、きっと<力>という観点から生物を捉えるという見方を習得していただけると思います!

 

(CMです)理系同士のゆるいつながりを生むコミュニティ 「理系とーくラボ」

(CMです)
理系とーくラボ

毎月開催を予定!

この「みんなの基礎講座」ですが、毎月やっていこうと思っています!

第3回以降も発表者が決まり次第紹介していこうと思いますので、ご期待ください!

理系とーくラボではみなさんの発表・参加をお待ちしています。様々な分野で交流して、みんなで視野を広げていきましょう!

 

理系とーくラボの詳細や入会方法はこちらをご覧ください!多くの方と交流できる日を楽しみにしています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事に関して質問するなら?

科学系オンラインコミュニティ
「理系とーくラボ」!

「理系とーくラボ」とは?

●Slack(チャットツール)に、各分野の専門家が集まっています!
●この記事↑(or 科学・研究周辺について何でも!)について質問・相談したら、メンバーが答えてくれます!
Slackで毎日交流Zoom等で勉強会や交流会も行います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。