理系とーくで、今までに無かった研究者コミュニティを、そして科学立国日本を取り戻したい

理系研究者コミュニティ




The following two tabs change content below.

こんにちは、編集長ともよしです。

今日は、理系とーくによって生み出したいもののひとつ、“今までに無かった研究者コミュニティ”の話をしてみます。

理系とーくには、全理系分野のライターが集まります(予定)。全理系分野の研究者があつまるコミュニティができれば、おもしろいことがたくさん起こると思っています。

例えばこれ。

全理系分野の研究者がいるコミュニティが生むもの
・専門家による初学者/学習者の充実したサポート
・異分野交流による新しい化学反応
・理系発信者が増え、理系好きが増える
・世界を豊かにする理系研究者が増え、国が豊かになる
・科学立国、ニッポン

詳細は以下。

 

専門家による初学者/学習者の充実したサポート

全理系分野の研究者がいるコミュニティがあれば、勉強していることで分からないことがあれば質問ができて、それが解決してしまう。

理系版Yahoo知恵袋みたいなものだろうか。知恵袋で質問すれば、多くのことが解決してしまう。だけど、専門性の高い内容だと、知恵袋では解決できないこともある。

理系とーくには、全理系分野の研究者があつまるのだ。

理系人のどんな質問にもこたえられるコミュニティを、創りたいと思っている。

 

薬剤師の国家試験と、予備校

薬学部って、すごい。予備校が入ってきている。大学が予備校にお金を払って、学生が予備校から国家試験の勉強を教わっている。

理系とーくが、予備校になりたいわけじゃないけど、大学生の勉強スピードをより上げられるような、大学生の理解度をより深められるような、そんな存在になりたい。

 

異分野交流による化学反応

異分野の人と交流すると、あたらしい化学反応が起こる。

いまや、ひとつの専門だけやっていてもなかなか成功できない時代。

様々な分野にITやAIが入ってくることは間違いない。融合。融合。融合するのは、ITに限られた話ではない。

 

ある分野に、ある異分野を加えたら、新規反応が起こって、新しい分野ができるかもしれない。

自分の専門を、ほかの専門とかけ合わせてほしい。理系とーくが、異分野を知るきっかけになって、異分野を知った人がいずれ新反応を起こす。

理系とーくが、新しい反応を起こす触媒になれたら嬉しい。

 

理系発信者が増え、理系好きが増える

理系とーくには、全理系分野の専門をもったライターがあつまる。ライターのうちの何割かは、それぞれが運営するブログを持っているだろう。ブログじゃなくてもいい。なにかしら、発信する人であろうと思う。

ぼくは理系発信者をふやしたい。理系発信者が増えれば、理科好きが増えるはずだ。

「科学って、おもしろいんだよ」
「科学って、役に立つんだよ」
「科学って、お金になるんだよ」

そういうことが、広く伝わっていくといいなと思う。

 

理系ブロガーは、理系とーくに参加すると得をする

であるからしてね、理系ブロガーが理系とーくに参加するメリットは、しっかり示していかないとなと思う。

今ではまだ、理系とーくの影響力はないに等しい。

でも、将来的には大きくなる。大きくなるから、ここで存在感を出すのはメリットになるはずだ。

「理系とーくは、みんなが知ってるから、理系とーくに投稿したい」理系ブロガーがそう思ってくれるようにするつもりだ。

「理系とーくって、どんな人が大きくしてきたんだろう?」そう思った時に見られるのは、理系とーくの初期メンバーだ。大きくなる前に、ぜひとも参加してほしい。興味のある方は、ライター募集についてを読んでみてほしい。

 

世界を豊かにする理系研究者が増え、国が豊かになる

理科好き、科学好きが増えたら、優秀な研究者が必ず増える。

日本は、科学立国だったんじゃかったのか。

アメリカや中国におされている感はあるけれど、まだまだ日本は捨てたもんじゃないはず。

日本を、科学立国に。

新しいものを生めるようになんないと、日本はなかなか豊かになれなくなる。

国の豊かさに、科学力が大きく影響してくる。

ぼくは理系とーくで、日本を豊かにしたいのだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

▼広告








           

シェア!

参加しよう!理系とーくラボ

理系とーくラボの特徴と参加するメリット

●Slack(チャットツール)を使った理系のためのオンラインコミュニティ
全分野の理系研究者が集まっている
●理系仲間ができる!

理系なら、「理系とーくラボ」に入っているのがスタンダード。とりあえず覗いてみて、雰囲気を見に来てください!(参加無料)(本名は入力しなくてOK!)

>>>理系とーくラボの詳細はこちら<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。